人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
 
IT 試読不可
◎ ヒトのもつ嗜好性・感性や動作・暗黙知など、無形の感覚
  情報をいかに“デジタル化”するか? 
  ヒトの感覚をモデリングし、製品開発に活かす!



■ 本書のポイント
@ 匂い、味覚、視覚、触覚、聴覚―
   人工知能を用いたヒトの「五感」のモデリングと製品開発
  ・心地よい香り/嫌な臭い、美味しさ、フレーバーなど、人の
   “好み”を見える化!
  ・人の表情や、材料の質感、画像からの異常検知など、視覚
   認知のモデリング!
  ・音声や触覚認知のメカニズム解明とそのシステム、ロボット
   開発への応用
  ・さまざまな五感情報をいかにデジタル化・数値化するか?

A ヒトの「感情」や「認知機能/動作」のモデリングと評価
  ・「楽しさ」「笑い」「新しさへの受容性」など、様々な
   感情モデリングの事例
  ・感性を人工的に作るには?―感情生成モデルのロボットへの
   応用、疑似感性を有するロボットなど
  ・マルチモーダルデータからのヒトの行動・認知のモデリング
   事例
  ・運転支援システムや手術支援システム、子供の関心推定など、
   具体的なシステム開発の事例

B 五感や感情評価のための生体情報収集技術とその機械学習による
   解析
  ・ビッグデータ時代におけるIoTや生体情報センサの活用法とは?
   医療DX、デジタルヘルスでの活用の実際、非接触センシングや
   脳インターフェースの開発と活用

C 時間変化する「感性・感覚データ」の機械学習による解析
  ・感性・感覚は時系列でどのように変化するのか? 機械学習で
   時系列の感性データを解析 
  ・知覚と感性の動的因果関係、印象と認知の時間変化などの事例
 
発刊日 2021年6月30日
定 価 本体80,000円+税
頁 数 533頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-849-4
 

■執筆者計64名


第1章 『匂い』解析への人工知能の活用とモデリング
第2章 『味覚』解析への人工知能の活用とモデリング
第3章 『視覚』解析への人工知能の活用とモデリング
第4章 『触感』解析への人工知能の活用とモデリング
第5章 『音』解析への人工知能の活用とモデリング
第6章 生体情報の収集とその機械学習による解析
第7章 『感情・情動』の評価・モデリングへの人工知能の活用
第8章 『認知機能/動作』の評価・モデリングへの人工知能の活用
第9章 感性・感覚データの時系列化と機械学習への応用

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
Excelによる生体信号解析
人と共生するAI革命
実践 ニオイの解析・分析技術
商品開発・評価のための生理計測とデータ解析ノウハウ
 
人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明 Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.