においのセンシング、分析とその可視化、数値化
 
化学・化学工学 試読不可
◎曖昧で数値化が難しい「におい」を、いかにして高感度に
 検出し可視化するのか
  生活空間、車室内、疾病診断、食品の品質管理、工場の
  異臭検知など、新用途開拓へ向けた開発事例を掲載


■ 本書のポイント 

・においの認識メカニズム
・嗅覚に匹敵するにおいセンサの開発動向
・生体ガスのセンシングと疾病診断
・各種ガスセンサの開発動向
・官能評価、機器分析によるにおい、香りの可視化
・においを活用した最新応用事例

	
 
発刊日 2020年10月30日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 543頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-810-4
 
執筆者計57名


■章タイトル

第1章 嗅覚の受容、認知メカニズム
第2章 官能評価、機器分析によるにおい、香りの分析技術
第3章 匂いセンサの開発動向とセンシング技術
第4章 ガスセンサの開発動向と高感度化、選択性向上
第5章 生体ガスの計測とヘルスケア、疾病診断への応用
第6章 におい・ガスの検知、センシング技術の応用事例

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
アロマプロフィール解析による香りの科学 
〜商品開発に向けたニオイ受容のしくみが導く香気複合臭解析〜
嗅覚と匂い・香りの産業利用最前線
Excelによる生体信号解析
商品開発・評価のための生理計測とデータ解析ノウハウ
 
 
においのセンシング、分析とその可視化、数値化 Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.