高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策
 
 
高分子 試読不可
★ 熱劣化、酸化劣化、部分放電、水トリーなど絶縁破壊に
  至る複雑な要因を徹底詳解します!
★ 耐トリーイング性、耐トラッキング性、耐アーク性…絶縁
  性能を高める材料設計のポイントとは?


■ 本書のポイント 

高分子材料の絶縁破壊メカニズム
・風雨、日光、高温下、高湿下による絶縁劣化
・材質や環境条件による複雑なトリー形状への対応
・ボイド放電、イオン衝撃、誘電発熱など電気トリー
 メカニズムの要因
・電圧安定剤、紫外線吸収剤、酸化防止剤添加による
 電気トリー抑制
・水の蒸発/凝集による圧力、分子鎖切断など水トリー
 メカニズムの要因
・水トリー抑制へ向けた異物、ボイド、突起の軽減

絶縁性能向上へ向けた材料の設計、開発
・シリカ、フラーレン、クレイ、マイカ…ナノコンポ
 ジット作製の事例
・材料種、粒径、充填率、分散性などナノコンポジット
 設計のポイント
・コスト、硬化性、耐熱性、信頼性を考慮した硬化剤の
 最適選定
・絶縁性と放熱性を両立させる材料設計
・絶縁シートにおける粒子の配向制御
・5G、自動運転、電気自動車で求められる電気特性とは?

各デバイス、機器への高絶縁性付与
・印刷安定性と高信頼性を持つソルダーレジストの開発
・接着シートによるFPCの耐イオンマイグレーション性の付与
・車載モジュールの小型化、高効率化に寄与する粉体塗料、
 低誘電率絶縁皮膜を適用した巻き線の活用
・膜厚制御⇔防湿、防水性能を踏まえた有機コーティングの
 設計とその事例
・絶縁層の薄型化、小型化を達成するには?
発刊日 2021年1月
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 536頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-821-0
 
執筆者計71名


■章タイトル

第1章 高分子絶縁破壊のメカニズム
第2章 高分子の絶縁性とその向上
第3章 パワーデバイス用封止材・基板の絶縁特性とその向上、評価
第4章 プリント配線基板の絶縁特性とその向上
第5章 モータにおける絶縁性とその向上、評価
第6章 ケーブル、電動機における絶縁性とその向上
第7章 高分子絶縁材料の劣化診断・評価技術
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
ポリマーの強靱化技術最前線
ナノエレクトロニクスにおける絶縁超薄膜技術
高分子材料の劣化解析と信頼設計
 
高分子材料の絶縁破壊・劣化メカニズムとその対策 Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.