バイオリアクターのスケールアップと物質生産事例集
 
バイオ・メディカル 試読不可
★ スケールアップを 「効率的」、「迅速に」、「失敗を
  最小限に」 実施するヒントがココに!


■ 本書のポイント 
●バイオリアクターの効率的なスケールアップ
  ・スケールアップに必要なラボでのデータ取得
  ・ラボスケールの培養成績が実生産スケールで達成
   できない原因
  ・計測技術・数値解析技術を用いた運転条件選定
  ・生産コストの計算

●目的物質の収率・生産効率を上げる取り組み
  ・バイオリアクターの消泡技術
  ・生産性向上を目指した高密度培養技術
  ・副生成物を抑制した培養とは?
  ・どの微生物、細胞を活用するのか?
   酵母、乳酸菌、糸状菌、CHO細胞、昆虫細胞、、

●豊富な物質生産事例の紹介
  エタノール、水素、メタン、バイオディーゼル、
  エステル、糖、組換えタンパク質、
  生分解性物質(乳酸ポリマー、PHA)、ビール、
  医薬品・化粧品原料、臓器・組織

●生産管理、スマートセル開発の最新技術
  ・連続培養による物質生産
  ・センサーによるバイオリアクターのリアルタイム管理
  ・スマートセル開発のための情報解析・AIの活用
  ・マイクロバブルを利用したバイオリアクター
  ・撹拌翼を有しないバイオリアクター


 
発刊日 2021年4月30日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 515頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-830-2
 

執筆者計82名


■章タイトル


第1章 撹拌槽型バイオリアクターの設計、スケールアップ検討
第2章 気泡塔型・固定化酵素/微生物バイオリアクターの設計とスケールアップ
第3章 生産性向上のためのバイオリアクターの運転と操作
第4章 こんな時どうするスケールアップトラブル対策
第5章 各種細胞の大量培養における注意点
第6章 各種培地の特性と選び方・使い方と新培地の開発
第7章 バイオリアクターを利用した物質生産の事例:医薬品・食品・化粧品編
第8章 バイオリアクターを利用した物質生産の事例:素材・エネルギー編
第9章 シングルユースバイオリアクターの使用法と品質管理
第10章 センサー・画像による培養のリアルタイム管理
第11章 スマートセルの動向と効率的創製に向けたAI活用
第12章 バイオリアクター関連の特許動向と今後の研究開発

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
改訂増補版 実践有用微生物培養のイロハ
発酵と醸造のいろは
バイオプロセスハンドブック
化学プロセスのスケールアップ、連続化
バイオリアクターのスケールアップと物質生産事例集 Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.