リスクに基づくプロセス安全ガイドライン
 
化学・化学工学 試読不可 翻訳
 米国OSHAのプロセス安全マネジメント(PSM)導入時に各企業
から出された課題を受け、より効果的にPSMを実施し、その有効
性を監視する仕組みの構築と運用を目的に、AIChE/CCPSにより、
リスクに基づき策定されたRBPSガイドラインの完訳。

 特に化学産業においては、日本国内だけでプロセス安全の
改善を考えることはあまり意味がなく、国際基準のPSMの理解が
必要不可欠である。PSMは企業として安心してビジネスを行う
ために不可欠な技術そのものであり、日本が世界をリードする
ようになるためにも必携の書である。

 本書では、PSMを四つの柱(ピラー) 20のエレメントに分類し、
それぞれに概要、鍵となる原則と特徴、業務活動、改善方法例、
メトリクス、マネジメント・レビューについて具体的に解説。
さらに、既存のPSMにRBPSをどう取り入れ改善していくかなど
役立つ実装例を紹介している。

原書 『Guidelines for Risk Based Process Safety』
   Wiley-AIChE,(2007)
原書著者 CCPS (Center for Chemical Process Safety) 
	
 
発刊日 2018年12月27日
定 価 本体23,000円+税
頁 数 810頁
造 本 A5
発行所 丸善出版
ISBN 978-4-621-30357-3 C3058
 
化学工学会 安全部会 監訳


略語一覧 / 用語集 / 概 要
I プロセス安全を誓う
II ハザードとリスクを理解する
III リスクを管理する
IV 経験から学ぶ

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
ヒューマンエラーの理論と対策
化学工場・研究所の事故・災害対策とリスク管理
化学物質・プラント事故事例ハンドブック
安全人間工学の理論と技術
 
 
リスクに基づくプロセス安全ガイドライン Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.