界面活性剤の選び方、使い方事例集
 
化学・化学工学 試読不可
◎ 構造、作用、特性を理解して、効果を最大限に発現させる
  ヒントがココに! 
◎ 凝集、合一、クリーミング、ぬれ不足、吸着不良とならない
  使用法とは?


■ 本書のポイント
・「○○させたい」界面活性剤の種類と使い方
  乳化、分散、可溶化、乳化重合、湿潤・ぬれ、柔軟、洗浄、
  殺菌、消泡・起泡、帯電防止、、、
・使い方
  環境、法律に配慮した選択
  ミセル濃度の制御
  界面活性剤の効果を増強させる工夫
  ブリードアウトの制御
・新知見
  AIによる分散性、粘度予測
  タンパク質保護作用 、分解性、天然由来の界面活性剤
・用途先
  化粧品、洗剤、食品、医薬品、コンクリート、セラミックス、
  繊維、フイルム、塗料、粘着剤、紙
・評価技術
  刺激性評価、表面張力測定
  製品中の界面活性剤の成分同定、定量分析
 
発刊日 2019年7月31日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 586頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-753-4
 
執筆者計69名


■章タイトル


第1章 各種界面活性剤の種類と新しい用途を含めた活用事例
第2章 新しい機能性界面活性剤の可能性と機能増強のための技術開発
第3章 製品中、廃棄物中の界面活性剤の分析方法
第4章 乳化を目的とした界面活性剤の選択、使用とエマルションの調整法
第5章 可溶化を目的とした界面活性剤の使用法
第6章 分散を目的とした界面活性剤の選択と使用
第7章 乳化重合を目的とした界面活性剤の選択と使用 
第8章 ぬれ・湿潤を目的とした界面活性剤の選択と使用 
第9章 洗浄を目的とした界面活性剤の選択と使用
第10章 染色用界面活性剤の役割と応用例 
第11章 起泡・消泡を目的とした界面活性剤の選択と使用 
第12章 柔軟・可塑を目的とした界面活性剤の選択と使用 
第13章 帯電防止を目的とした界面活性剤の使用、ブリードアウト制御 
第14章 殺菌・抗菌を目的とした界面活性剤の選択と使用 
第15章 相容化剤の種類と活用事例 
第16章 界面活性剤評価技術 

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
改訂版 界面活性剤の機能創製・素剤開発・応用技術
表面・界面技術ハンドブック
 〜材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで〜
 
 
界面活性剤の選び方、使い方事例集 Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.