世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023【書籍+PDF版セット】
 
 
新刊 高分子 CD-ROM 試読不可
新型コロナウイルスによる外出自粛により、流通量増加を続けるレトルトパウチ。 SDGsが叫ばれている昨今、CO2排出低減する環境対応パッケージとしても注目されている。
内需完結、輸出中心、輸入中心や、ベビー用、ペット用の構成比など、国別の市場特性も読み取れる。
包材業界及びエンドユーザーの事業計画立案の一助となるレポート。
  【書籍版はこちら】
 
  【PDF版はこちら】
発刊日 2021年9月29日
定 価 本体85,000円+税
頁 数 165頁+CD
造 本 A4
発行所 S&T出版
ISBN C3058
 
■執筆 S&T出版 企画チーム

■章タイトル

第1章 市場総論
〜世界のレトルトフィルム・レトルトパウチ・レトルト製品〜
 1.世界のレトルトフィルム市場動向と今後の展望
 2.世界のレトルトパウチ市場動向と今後の展望

第2章 世界のレトルトフィルム/国・地域別市場分析
 1.レトルトフィルム/国・地域別市場分析
 2.レトルトフィルム/国・地域別市場展望(2023 年までの展望)

第3章 世界のレトルトパウチ/国・地域別市場分析
 1.レトルトパウチ/国・地域別市場分析
 2.レトルトパウチ/国・地域別市場展望(2023 年までの展望)
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
ASEAN、アジア、アフリカ、南米、国内の
フードサプライチェーンから見た 食のバリューチェーン戦略
ボトリングテクノロジー
〜飲料製造における充填技術と衛生管理〜
青果物の鮮度評価・保持技術
〜収穫後の生理・化学的特性から輸出事例まで〜
賞味期限設定・延長のための各試験・評価法ノウハウ
〜保存試験・加速(虐待)試験・官能評価試験と開発成功事例〜
情報社会における食品異物混入対策最前線
〜リスク管理からフードディフェンス、商品回収、クレーム対応、最新検知装置まで〜
日本の機能性包材とグローバルブランドの環境対応包材の動向  書籍+CDセット
〜二酸化炭素排出抑制か、内容物ロス低減・賞味期限延長か〜
世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望
2020-2023【書籍+PDF版セット】
Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.