食品
エビデンスベースで期限内の品質・美味しさを保証する試験・評価法とは!?
賞味期限延長の社会的ニーズに応える科学的根拠に基づく各種試験・評価方法について、食品開発に永年携わるエキスパートの執筆陣が現場の具体例を含めわかりやすく解説したノウハウ集!
これから求められる食品の安全と安心を確保するためのHACCP取得手法にも言及
 
 
※PDF形式のファイルをご覧いただくには、お使いのブラウザにAcrobat Readerがインストールされている必要があります。
 
 
電子書籍(ダウンロード版)のご注文
※Knowledge Worker(丸善雄松堂(株)運営)へ移動します
 
2018年4月16日
本体32,000円+税
246頁
B5
(株)エヌ・ティー・エス
978-4-86043-529-5 C3058
 
執筆者: 山ア 勝利、朝田 仁
 
 序 論 賞味期限延長設定の市場背景と要因
 
 第1編 賞味期限設定の試験法と具体的進め方
 

賞味期限設定の科学的根拠

賞味期限設定する前に

食品の品質劣化の指標の設定

保存条件設定のための妥当性

賞味期限設定試験の事例ノウハウ

官能および物性の具体的評価事例と重要ポイント

保存試験の具体的手法と事例ノウハウ
 
 第2編 反応工学に基づいた賞味期限の予測の手法
 

加速試験による賞味期限の予測の考え方

加速試験からの期限算出の方法

アレニウス式の適用手法の実際(「和風だし」を例に)

アレニウス式を適用した加速試験の実例

商品設計と反応速度の変化の実例紹介

アレニウス式の適用における期限予測の課題
 
 第3編 食品開発と技術戦略
 

これからの開発の基本戦略

食品開発の原料食材と加工技術

高齢社会における商品開発

製品の品質および利用特性評価技術
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
実践 微生物制御による食品衛生管理 〜食の安全管理からHACCPの現場対応まで〜
ボトリングテクノロジー 〜飲料製造における充填技術と衛生管理〜
青果物の鮮度評価・保持技術 〜収穫後の生理・化学的特性から輸出事例まで
実践 食品安全統計学 〜RとExcelを用いた品質管理とリスク評価〜
微生物コントロールによる食品衛生管理
 〜食の安全・危機管理から予測微 生物学の活用まで〜
賞味期限設定・延長のための各試験・評価法ノウハウ
〜保存試験・加速(虐待)試験・官能評価試験と開発成功事例〜
Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.