青果物の鮮度評価・保持技術
〜収穫後の生理・化学的特性から輸出事例まで〜
 
 
新刊 食品
青果物は、収穫後も生きている。その生理メカニズムを1章から
5章で解説、6章では鮮度の評価技術、7章で商品価値低下を防ぐ
鮮度=品質保持技術を解説、8章では輸出を含めた事例、9章では
認証制度を紹介する。
 
発刊日 2019年12月
定 価 本体40,000円+税
頁 数 412頁
造 本 B5
発行所 (株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-621-6 C3061
 
監修者 阿部 一博

第1章 収穫後の生理
第2章 青果物の最適貯蔵条件
第3章 非破壊鮮度・品質評価および鮮度低下速度予測
第4章 収穫後の微生物による腐敗
第5章 カット青果物の品質保持
第6章 鮮度の評価技術
第7章 鮮度保持技術
第8章 国内流通および輸出拡大への取り組み事例
第9章 安全性確保のための認証制度


 
 
※購入方法について
 
青果物の鮮度評価・保持技術 
〜収穫後の生理・化学的特性から輸出事例まで〜
Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.