青果物の鮮度評価・保持技術
〜収穫後の生理・化学的特性から輸出事例まで〜
 
 
食品
青果物は、収穫後も生きている。その生理メカニズムを1章から
5章で解説、6章では鮮度の評価技術、7章で商品価値低下を防ぐ
鮮度=品質保持技術を解説、8章では輸出を含めた事例、9章では
認証制度を紹介する。
 
発刊日 2019年12月
定 価 本体40,000円+税
頁 数 412頁
造 本 B5
発行所 (株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-621-6 C3061
 
監修者 阿部 一博

第1章 収穫後の生理
第2章 青果物の最適貯蔵条件
第3章 非破壊鮮度・品質評価および鮮度低下速度予測
第4章 収穫後の微生物による腐敗
第5章 カット青果物の品質保持
第6章 鮮度の評価技術
第7章 鮮度保持技術
第8章 国内流通および輸出拡大への取り組み事例
第9章 安全性確保のための認証制度


 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
ゲノム編集食品 〜農林水産分野への応用と持続的社会の実現〜
実践 微生物制御による食品衛生管理 〜食の安全管理からHACCPの現場対応まで〜
ボトリングテクノロジー 〜飲料製造における充填技術と衛生管理〜
実践 食品安全統計学 〜RとExcelを用いた品質管理とリスク評価〜
賞味期限設定・延長のための各試験・評価法ノウハウ
 〜保存試験・加速(虐 待)試験・官能評価試験と開発成功事例〜
微生物コントロールによる食品衛生管理
 〜食の安全・危機管理から予測微 生物学の活用まで〜
青果物の鮮度評価・保持技術 
〜収穫後の生理・化学的特性から輸出事例まで〜
Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.